わきがの次に気になる匂いの部位といえば、足ですよね?足の匂い対策っていったいどうしたらよろしいでしょうか?足の匂い対策ですが、一番大事なのは、足の汗対策が必要といわれているのです。

足の匂い対策は汗を少しでも抑える

足の匂い対策いで、一番大事なことは汗対策と言われております。汗対策が大事といっても、暑い季節の夏などに買ってに出てしまう汗は止めることはできません。夏などの季節によって、勝手に出てしまう汗のことを、温熱性発汗と言います。

温熱性発汗は抑えることは難しいですが、精神性発汗は抑えることができます。精神的発汗ですが、緊張やストレス、汗が出ることによって、やばい・・・汗がやばい…などによる汗ですね。

汗が出ると、それが原因でストレスになり汗を止めようとすればするほど汗が噴き出てきます。これを防ぐために、開き直るって方法がおすすめです。もう、汗出しまくっていいよ…勝手に汗出てきたらいいやん!!みたいな感じで開き直ると少しは軽減できるので、試してみてください。

足の裏の角質を取って足汗対策

足の裏の角質を取ることで、足汗対策ができます。足の裏の角質ですが、角質というのは、菌の餌になるアカです。角質を取ることで、菌の繁殖をある程度防げることができますので、角質は定期的に取ることをおすすめします。

足の角質取りグッズなんかドラッグストアに行くといくつか売っているので、そういったものを活用してくのもいいでしょう。角質取りグッズを使うと驚くほど、足裏に角質があることにびっくりすることがよくあることです。

靴の匂い対策もしっかり行っておきましょう!

もう一つ忘れてはいけないことは、靴の匂い対策です。足をきれいにしても、足の汗対策をしても靴の匂い対策や菌の対策を行っていないと匂いは消えません。

靴というのは、2日ぐらい履くと、汗が吸い込まれ、湿気などにより、最近が繁殖します。靴の除菌スプレーなどを活用したり、靴を履いたら日光や風通しのいいところに干すことをしましょう。

足の匂い対策は以外とたくさんやることがあります。しっかりと対策すれば、足の匂いは少しでもましになります。クリアネオやノアンデを使ったデオドラント対策もおすすめですので、足の匂い対策にデオドラントクリームも使ってみてくださいね。