ボトックス注入法っていったいどんな方法?

わきが対策や多汗症対策の治療法であるボトックス注入ってよく耳にすると思いますが、このボトックス注入っていったどういったことなのでしょうか?ボトックスについて分からない方は参考にしてくださいね。

ボトックス注入法とは?

ボトックス注入法とは、ワキガにも効果がありますが、どちらかというと、多汗症の方に有効な治療方法の一つです。ボトックス注入法ですが、ボトックスという薬剤を注射します。このボトックスですが、ボトックスを注射することによって、汗腺の働きを弱くすることができるのです。

 

つまり、簡単に解説をすると、汗をボトックスの効果で少し抑えようという方法です。アレルギーや副作用もないと言われており、施術した当日から何もをしてもOKな治療方法です。注射をすると、当日は運動を控えましょうとか、入浴はお控えしてくださいなどがあると思いますが、ボトックス注入法はありません。

ボトックス注入法は効果には時間がある

ボトックス注入法ですが、実は効果の時間が限られています。あくまでもボトックスを使って汗の量を減らしているだけです。、くするを注入しているだけですので、薬の効果が切れれば当然汗の量も元に戻ります。ボトックスを注射する、効果が切れる、多汗症の症状が再び出てくるこういったことになります。

ボトックスの効果の期間はどれくらい?

ボトックス治療の効果の期間ですが、いったいどれくらいというと、約半年といわれております。ですので、半年で効果がきれれば再びボトックスを注入する必要があります。費用もかかってしまいますし、注射が苦手な方にとってはデメリットだからです。

 

今も有効的な治療方法の一つですが、デオドラントの進化によりボトックス注入をするより、質のいいデオドラントを使った方いいのではないのかという時代になりつつあります。まずは、こういった治療方法より先にデオドラント対策をして、ダメだったらこういった治療を考えていくようにしましょう。